ニュース

シーシー・ムーア(科学者)の経歴プロフィール!DNA捜査で冤罪事件解決【ありえへん世界】

2021年12月28日放送の「ありえへん世界」で、アンジー・ドッジ殺人事件が取り扱われます。

事件を解決に導いたのは、アメリカの天才科学者「シーシー・ムーア」さんのDNAを使った捜査でした。

今回は、天才科学者・シーシー・ムーアさんの経歴やプロフィールについてまとめました。

【アンジードッジ】ブライアン・ドリップスの現在と経歴・顔画像|殺人事件の真犯人【ありえへん世界】2021年12月28日放送の「ありえへん世界」で、アンジードッジ殺人事件が取り扱われます。 事件当時、犯人はクリス・タップさんだと...

シーシー・ムーア(科学者)の経歴プロフィール

名前:シーシー・ムーア
生年月日:1969年1月15日
年齢:52歳(2021年時点)
出身:アメリカ
大学:南カルフォルニア大学
職業:遺伝家系学者、コンサルタント

DNAと遺伝子系図を使用して、何十年も未解決だった事件を何十件と解決してきました。

シーシー・ムーアさんは、南カルフォルニア大学在学中に、演劇、映画、ボーカルのパフォーマンスを学び、広告キャンペーンやプロのミュージカル演劇に出演した過去があります。

2003年にDNAの系譜に興味を持つようになったようです。

シーシー・ムーアさんは、遺伝子系を使用して、これまで数々の未解決事件を解決してきました。

その中の一つに、ありえへん世界で取り上げられた「アンジー・ドッジ殺人事件」があります。

当時、アンジー・ドッジさん殺害の犯人は、クリストファータップさんだとされ、逮捕されました。

しかし、実際はクリストファータップさんは冤罪の被害者でした。

その事件から約23年後、シーシー・ムーアさんによって真犯人が見つかり、事件の解決となったのでした。

未解決事件の解決に大きく貢献できる遺伝子系図ですが、遺伝子のデータを悪用される危険性もあり、賛否両論が巻き起こっています。

DNAデータをアップロードして遺伝的につながりのある人を探したり、自分の家系をさかのぼったりすることができる。遺伝子系図とは、大量の遺伝子情報を集めて作成された、いわば遺伝子のデータベースだ。

引用:2019年7月8日 WIRED

【アンジードッジ】ブライアン・ドリップスの現在と経歴・顔画像|殺人事件の真犯人【ありえへん世界】2021年12月28日放送の「ありえへん世界」で、アンジードッジ殺人事件が取り扱われます。 事件当時、犯人はクリス・タップさんだと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。