ニュース

管田多津子|長崎県のアクセサリー作家の女性の顔画像や経歴

長崎県内のJR九州の駅で車椅子の介助を断られたことが話題になっています。

今回は、長崎県のアクセサリー作家の女性・管田多津子(すがたたつこ)さんについてまとめました。

長崎県のアクセサリー作家の女性がJRに車椅子介助を断られる

車いす女性への介助、JR側「駅員不在の時間帯」と断る…国交省は不適切対応と判断

長崎県内のJR九州の駅で車いすの女性が列車に乗ろうとして介助を頼んだ際、同社が下車する駅に職員がいない時間帯であることを理由に断っていたことがわかった。国土交通省は11月、対応が不適切だったとして再発防止に努めるよう指導した。

女性は同県長与町のアクセサリー作家(41)。日頃から車いすを利用しており、列車の乗降時はホームと車両の間に板を渡す必要がある。

女性によると、昨年9月に長崎駅を訪れ、長与駅まで行くことを伝えて介助を依頼。JR側から、同駅ではその時間帯に駅員が不在になるとの理由で断られた。今年7月には、長与駅で乗るよう予約していたが、倒木で列車が遅れていることを知らされなかった上、後続が予約していた列車ではなかったため板を用意してもらえず、乗れなかったという。

女性は昨年10月、予約しないと鉄道を自由に使えない現状の改善を求めて署名活動を開始。今年10月、同社に2907人分の署名を提出し、国交省に見解を求めた。同省は障害のある利用者への配慮が不十分だったと判断し、11月18日に同社に口頭で指導した。

女性は「多様性が求められる時代に逆行した対応だ。繰り返されないよう、体制を整えてほしい」と話した。同社は読売新聞の取材に対し、「国の指導を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」としている。

JR九州によると、管内にある568駅のうち、半数以上の304が無人駅。乗客を介助する際は職員を派遣するほか、2015年にはインターホンなどを使って離れた場所にいる職員に連絡が取れるシステムが導入されたが、一部の駅にとどまっている。

引用:2021年12月9日 読売新聞

長崎県のアクセサリー作家は管田多津子

本日、昨年10月より行っておりました署名活動で集まった2907筆の署名をJR九州長崎支社へ提出致しました。

先方のお話としては、納得がいくものではありませんでしたが、今回の署名活動に対して、2907名の皆様がご賛同してくださったことを重く受け止めて頂きたいと、改めて心から思いました。

私自身、先方にお渡しすることが精一杯でしたが、同席してくださった、河野龍二長与町議会議員がフォローしてくださったお陰で、きちんとお渡しすることが出来ました。

今回の活動で、今後どの様に変化するのかは分かりません。ですが、このような声があること。それに賛同してくださった多くの方がいる事は、紛れもない事実です。利用者の声を、今後どの様に受け止めるのか、これからも見続けたいと思っております。
本当に皆様、ありがとうございました。

今日の様子が、この後16時50分~のKTNテレビ長崎の「マルっと!」で放送されます。お時間がある方は、是非ご覧下さい。

本日の朝日新聞朝刊の社会面に、昨年9月から問題視していたJRの対応についての記事が掲載されました。

今回、過去2度にわたるJRの対応について先月、国土交通省に内容を訴えたところ、JR九州へ指導が行われ、それを取材して下さった朝日新聞さんが、記事にしてくださいました。

昨日の朝日新聞さんの記事で、多くの方に励ましの声を頂いて、本当にありがとうございます。

まだまだ、終わったわけではありませんが、少しでも何かが変わって行ってくれたらと思っています。記事にして下さった朝日新聞さん。本当にありがとうございます。

私は実は、昨年9月の乗車が出来なかった時から、不安を持ちながらも生活の足である「JR」を利用していました。しかし、7月に列車に予約をしたにも関わらず、何の連絡も貰えず、乗車出来なかった後から、過呼吸や動悸などが起きていましたが、「更年期かな?」と軽く考えていました。ですが、ある日から毎晩、7月に列車に乗れなかった時の夢を見るようになり、パニック発作で目を覚ますという状況になってしまいました。食欲も、吐き気止めを飲まないと食事が入らなくなってしまいました。今は随分良いのですが、やはり吐き気止めは手放せず、外食は決まったお店か、誰かと一緒でないとご飯が食べられない状態です。

発作が始まってから、心療内科の受診を勧められ、ストレス障害と診断されました。どこがで「根性で治る」と思っていましたが、それではダメだと説得され、受診を始めました。今でも、1人では知ってる人が居る、待ってくれている人が居る場所以外、外出が出来ない状態です。その影響で、出店も出来ない状態です。

要望書を書くのも苦痛な時もありました。でも、私みたいな人が、これ以上でて欲しくない。本当にそう思い、自分を奮い立たせています。今回のニュースで「励みになります。」とメッセージと頂いたりしています。何方かの励みになっていたら、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

管田多津子のプロフィール

管田多津子のプロフィール

年齢 41歳(2021年12月時点)

バリアフリーサークルAmi代表
ビーズアクセサリーショップ夢のオーナー

Twitter
いのりの折り鶴(@1e5MqeOWngXEDhg)

インスタ
いのりの折り鶴・富貴家の台所(長崎・管田多津子)

アクセサリーショップ
ビーズアクセサリーショップ夢 公式HP

「ビーズアクセサリーショップ夢」では、「いのりの折り鶴」という名前のアクセサリーが多数販売されています。

ネットの声

列車が遅れていることを知らされなかったというのはねぇ、たとえば指定席を買った特急列車が遅れているときも一般の旅客に知らされることはないんですよ。

介護が必要な高齢者が自宅で介助してもらおうとして、電話して今すぐ来てくれ、と言ってもそれは難しいので普通、先方に予約して対応してもらうはず。対応する側も本業が忙しいケースもあるし日によっては対応できないケースもあるので、予約して対応してもらう、は普通の事かと。それを幾ら障害のある方とはいえ、いつでも来たらコンシェルジェみたいに対応してくれないのでヤダ~とキレて権利が阻害された、と署名活動って、どうなんだろう?と思います。であれば電車ではなくタクシーを使うとか、色んな交通手段もあるはずなので。弱者が権利を主張して強者になろうとするのは?

別に障害を差別するつもりはないがワガママすぎると思う。手伝ってもらって当たり前的な考えはどうかと思うが。
駅員をやっていた時に、車椅子旅客から先頭車に乗りたいと言われが混雑の為2両目でお願いすると後日障害者団体から本社にクレームが入った。他にも身障者トイレを一般客が使用していて数分待たされたとかワガママ放題。