ニュース

年金通知書の誤送付!委託業者はサンメッセと特定!岐阜県大垣市の印刷会社

nennkinntuutisho-gosouhu1

2021年10月6日、日本年金機構が発送した年金振込通知書が間違って誤送付されていたことが発覚しました。

今回は、年金通知書の誤送付の内容を振り返るとともに、業務委託先の会社についてまとめました。

【間違い】年金通知書の誤送付

97万件の年金通知書を誤送付 年金機構、情報が一部流出

日本年金機構は6日、年金の受給額などを記載した10月分の「年金振込通知書」の一部について、誤って別人に送付したと発表した。誤送付の規模は約97万件。通知書には年金額のほか基礎年金番号、振込先の金融機関名などが記載されていた。記者会見した年金機構の石倉裕子理事は「大変ご迷惑をかけた。深くおわびします」と謝罪した。

年金機構によると誤送付の郵送が確認されたのは愛知、三重、福岡の3県。はがきの内側に別の受給者の年金受給額などが記載されていた。受給者の氏名は記載されていない。

機構は基礎年金番号などだけでは「個人を特定することはできない」と説明しており、現時点で悪用などの被害情報は報告されていないという。機構によると、15日に支給する年金は正しい金額で支払われる。

通知書の作成や発送業務を委託するサンメッセ(岐阜県大垣市)の印刷工程でミスが発生したことが原因で、詳細は調査中という。同社が4日と5日に発送した分について、本来の郵送先とは異なる人の年金情報が印刷されて送付された。6日以降に予定されていた発送作業は中止した。

年金機構では約3300万件の年金通知書を発送する予定で、作業を9社に委託していた。誤送付が起きたサンメッセはそのうちの1社だった。

年金機構では誤送付された通知書を回収するとともに、正しい通知書を11日に送付する。

引用:2021年10月6日 日本経済新聞

委託先の会社はサンメッセと特定

年金通知書の印刷ミスがあった会社は、岐阜県大垣市の印刷会社「サンメッセ」だと特定されています。

サンメッセは東京を含めた全国各地に支店があり、岐阜県大垣市内だけでも5つの関連した場所が確認できました。

サンメッセ(株) 本社工場
〒503-0974
岐阜県大垣市久瀬川町7丁目5-1

サンメッセ(株) 中工場
〒503-0993
岐阜県大垣市荒川町423

サンメッセ(株) 労組
〒503-0006
岐阜県大垣市加賀野4丁目1-19

サンメッセ西工場
〒503-0993
岐阜県大垣市荒川町452-1

サンメッセ株式会社 フォトスタジオ&3DCG-Lab
〒503-0993
岐阜県大垣市荒川町452-1




ネットの声

年金通知書誤送付の該当地域どこ?一覧まとめ【愛知・三重・福岡】2021年10月6日、年金振込通知書について宛名と通知書の内容を取り違えるミスが約97万人分あったことが分かりました。 今回は、年...

error: